慢性膵炎について末端の医者は判ってない。

そこら辺の末端の医者は下記の事を重視しますが

血液検査・尿検査:血液検査では、膵液に含まれるアミラーゼやリパーゼなど酵素の値を調べます。膵臓に炎症が起こると、一般にこれらの値が上がります。

下記に書いてある部分が街の医者が判ってない部分。

 しかし、慢性膵炎の場合、必ずしもこれらの値が上昇するとは限りませんので、この検査だけでは慢性膵炎の確定診断はできません。
 
また尿検査では、膵液に含まれている消化酵素が分解する物質を飲んで、その物質が尿にでた分量を調べます。この検査で、膵臓の機能の状態がおおよそわかります。

名無しさん cec975f2 [報告]
レスがまだありません…
最初のレスを是非お願いします!
<>